スポンサーサイト

  • 2010.05.28 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


「マンション更新料は無効」高裁判決3件目 大阪(産経新聞)

 京都市北区の賃貸マンションの家主が、更新料を支払わない借り主に10万6千円の支払いを求めた訴訟の控訴審判決が27日、大阪高裁であった。紙浦健二裁判長は「更新料は賃貸人や管理業者の利益確保を優先した不合理な制度で、消費者契約法により無効」として、請求を棄却した1審京都地裁判決を支持、家主側の控訴を棄却した。

 借り主側の代理人によると、高裁が更新料を無効と判断したのは3例目。有効とした判決も1例あり、判断が分かれている。

【関連記事】
マンション更新料返還求める訴訟で家主の控訴棄却 大阪高裁
マンション更新料「無効」求め20人が一斉提訴 京都地裁
マンション更新料、大阪高裁は「有効」判決
マンション更新料訴訟、決着は最高裁へ
「更新料」支払いは必要? 契約前にきちんと確認

<普天間移設>首相、政府方針は閣議で 福島氏は署名拒否へ(毎日新聞)
トラウマ、脳に影響 性的虐待8割に解離性障害(産経新聞)
求ム「海の女」 海保、採用増に本腰 片手懸垂テスト廃止/OGを再雇用(産経新聞)
CO中毒、カツオは無関係(産経新聞)
「威嚇航行する艦隊の野望」 もはや東シナ海は安全ではない(産経新聞)

小さなRNAが関節炎抑制=世界初、マウスで確認−成育医療研究センター(時事通信)

 たんぱく質合成に関与しない小さなリボ核酸(マイクロRNA)の一つが、生物の発生段階での骨格形成と、成長後の関節の老化防止の双方に重要な役割を果たしていることを、国立成育医療研究センターの浅原弘嗣部長らの研究グループが突き止めた。このRNAが多いマウスは関節炎になりにくかった。米科学誌ジーンズ・アンド・デベロップメント電子版に13日発表した。
 老化に伴う疾患に直接関与するマイクロRNAの機能の発見は世界初で、新たな治療法の開発が期待されるという。
 研究グループは、300種類ほどのマイクロRNAのうち、関節に存在する「miR−140」に注目。遺伝子操作でこれを持たないマウスをつくったところ、大きな異常はないものの、手足が短い、鼻が低いなどの特徴があり、マイクロRNAが発生段階で体の形成を微調節しているとの従来の仮説に合致していた。
 さらに、成長した後、早期に関節炎を自然発症することが分かった。この関節炎は、関節の軟骨組織が壊れて痛みや運動障害を起こす人の変形性関節症に発症メカニズムが非常に似ているという。
 逆に、miR−140を普通より多く持つマウスをつくったところ、関節炎になりにくかった。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ミクロの世界
iPS特許、米社にライセンス=海外は初、京大の知財管理会社
殺処分対象、3万頭に迫る=豚でまた口蹄疫疑い
視床下部遺伝子を網羅解析=精神疾患解明に期待
アジアのウイルスと近似=宮崎の口蹄疫

【from Editor】反骨の活力を伝えたい(産経新聞)
<児童買春>周旋容疑で男を逮捕 神待ちサイトで知り合い(毎日新聞)
同じコンビニまた強盗 兵庫・姫路、9日にも(産経新聞)
表面かりっ中ジューシー 続 家庭用グリルの活用術(産経新聞)
13年度底にV字回復目指す―武田薬品(医療介護CBニュース)

カキツバタ しっとりと鮮やかに 愛知・無量寿寺で見ごろ(毎日新聞)

 愛知県知立市八橋町の県史跡・無量寿寺の「八橋かきつばた園」で、カキツバタが見ごろになった。平安時代の歌人・在原業平が立ち寄り、カキツバタの歌を詠んだと伝えられる名所。境内の大小16の池に約3万株が植えられており、雨が降った7日朝、紫色の花々がしっとりと鮮やかに咲いていた。

 今年の開花は例年よりやや遅れたものの、10日前後には満開となり、今月下旬まで楽しめそう。26日まで「かきつばたまつり」が催され、期間中は午後9時までライトアップされる。【安間教雄】

【関連ニュース】
神戸ポートタワー:改修工事終了 LEDで外観カラフルに
滝桜:夜空に樹齢1000年 福島・三春
平城宮跡:第1次大極殿ライトアップ 古都の夜空照らす
神戸ポートタワー:新装鮮やか 2カ月ぶり再開へ
掘り出しニュース:バイオディーゼル燃料でライトアップ 高校生が廃油から造る

「財政運営戦略」を念頭に取りまとめを―民主党マニフェスト企画委(医療介護CBニュース)
閉じ込めなどトラブル多発、自動車の電子キー(読売新聞)
滑走路にこすり傷=米デルタ機が接触か−成田空港(時事通信)
検証 医療ツーリズム元年(4)先端医療を日本から世界に(医療介護CBニュース)
民事敗訴に不満、女2人が裁判所にペンキ(読売新聞)

福祉用具レンタル、9割がリピーター(医療介護CBニュース)

 厚生労働省が4月末にも公表する「介護保険における福祉用具サービスの利用実態および有効性に関する調査」の結果の概要が、22日までに分かった。福祉用具レンタルの9割が継続利用者であることなどが初めて明らかになった。

 同省の「福祉用具における保険給付の在り方に関する検討会」はこれまで、福祉用具サービスの実態とその有効性が明らかになっていないことから、その調査が必要だとしていた。

 福祉用具導入後のメンテナンスが、半年に1回程度の頻度で提供されていることや、福祉用具全般の満足度が5段階評価で平均4前後であることも明らかになった。

 福祉用具の有効性については、定点観測調査を実施。86事例について7か月間調査した結果、生活動作能力が向上した事例は15事例だった。


【関連記事】
介護保険貸与品目に認定後、昨年に3件の事故―可搬型階段昇降機
福祉用具の利用者の声を収集―テクノエイド協がサイト開設
福祉用具の利用状況確認のための自主基準開発―専門相談員協会
社会福祉施設での腰痛防止と危険予知でマニュアル―厚労省
介護ロボット、現場の手助けまで「あと一歩」

真犯人逃し、足利事件遺族に栃木県警幹部ら謝罪(読売新聞)
自民の水野賢一氏が離党届を提出 参院選出馬に前向き(産経新聞)
<訃報>城水元次郎さん81歳=元富士通専務、元NTT常務(毎日新聞)
恒久的市民税減税 議会に条例改正案 河村名古屋市長(産経新聞)
日本人の「空港難民」1万人 苦難をツイッターで実況(J-CASTニュース)

個人差大きい加齢による体形変化 ワコール人間科学研究所調査(産経新聞)

■体形維持には活動的な日常生活や体に合った下着を

 20代後半から50代前半にかけての25年間で女性のウエストは約10センチ太くなり、体重は約5キロ増えることが15日、ワコール人間科学研究所(京都市)の調査で明らかになった。50代でも20代とほとんど変わらない体形をしている女性もおり、体形の変化には個人差が大きいことも分かった。

 調査は1964年からの45年間で集めたのべ4万人分のデータのうち、50年代に生まれた約1800人の平均値を算出。もっとも体形が引き締まっているのは20代後半で、30代以降は太っていくだけでなく、体の形が変わっていた。

 また30年間の追跡調査をした100人のデータを分析したところ、乳房はまず上胸のボリュームが落ち、次いで乳房下部がたわみ、最終的に全体が外側に流れて垂れていくことが分かった。尻はまず下部がたわみ、次に頂点が下がり、最後は内側に流れ落ちていた。どんな人も同じ順序で変化し、いったん変化した後、元に戻った人は一人もいなかった。

 加齢による体形変化が小さかった人は、筋力があり疲れにくい、ぐっすり眠れているなどの身体的特徴があり、活動的な日常生活を送り、自分の体に合った下着を着用している人が多かった。調査を担当した同研究所研究員の上家倫子(うえけさとこ)さんは「若いときの体形を維持している人は、日常生活でイキイキと暮らすコツを自分なりに実行していた。また、下着の購入時には必ず試着しており、体を美しくみせようという意識が高かった。若いときの体形を維持するためにも、体形にあった下着を身につけてもらえれば」と話している。

【関連記事】
糖尿病“やせ”の人こそ要注意 早食い止めて、ゆっくり
女性の75%がメタボに高い関心
川島なお美「何も付けないで来ました」
女性向け体形補正肌着、「低価格」拡充 購買意欲を刺激
“ハマのドカベン”減量からも卒業? 筒香の大食い伝説
外国人地方参政権問題に一石

<殺人>長男が家族5人刺す 父親と乳児死亡 愛知県豊川市(毎日新聞)
成田発着便も欠航相次ぐ…アイスランド噴火(読売新聞)
<鳩山首相>「さくらの女王」ら表敬(毎日新聞)
<地震>和歌山市などで震度2(毎日新聞)
舛添氏 近く離党の意向 新党結成目指し「最後の詰め」(毎日新聞)

ネット選挙「その方向でいい」=小沢氏(時事通信)

 民主党の小沢一郎幹事長は16日の松山市での記者会見で、インターネットを利用した選挙運動の解禁について「各党が進めようということであれば、そういう方向でいいのではないか」と述べ、与野党で合意すれば容認する考えを示した。
 一方、同党の平田健二参院国対委員長は会見で「この参院選でやるべきではない。議論を続け、次の衆院選なり、次の次の参院選でできるということではないか」と語った。 

<山武市長選>椎名氏が再選 千葉(毎日新聞)
<老後資金>日本人の4割が準備せず 1万人ネット調査(毎日新聞)
<神埼市長選>松本氏が再選 佐賀(毎日新聞)
<天然記念物き損容疑>「シカ売れば金に」 新たに1人逮捕(毎日新聞)
堺の男児虐待死、同居男「ぐずり泣き、イライラした」(産経新聞)

<中国潜水艦>2隻が浮上し沖縄沖南下(毎日新聞)

 北沢俊美防衛相は13日午前の閣議後会見で、中国の潜水艦2隻が10日、浮上した状態で7、8隻の艦船とともに沖縄本島と宮古島の間の公海を南下したと発表した。北沢防衛相は「いままでになかった事態。詳細な分析をし、我が国に対する意図があるのかないのかを含めてよく調べて対応を検討したい」と述べた。

 防衛省によると、これらの艦船は4月7〜9日、東シナ海中部海域で艦載ヘリコプターの飛行を行うなどの訓練を実施したという。10日午後8時ごろ、海上自衛隊の護衛艦「ちょうかい」「すずなみ」が、沖縄本島の西南西約140キロの南西諸島付近を東シナ海から太平洋に向けて進む艦船を確認。中国海軍のミサイル駆逐艦2隻や潜水艦2隻など計10隻だったという。11日に沖縄南方海域で洋上補給を行ったことも確認したという。【樋岡徹也、仙石恭】

【関連ニュース】
新核軍縮条約:米露が調印 核弾頭7年で1550に
サンデーらいぶらりぃ:斎藤 貴男・評『宇宙開発戦争』
東欧MD計画
トマホーク
私はこう見る:09衆院選/9 外交・安保 森本敏氏/寺島実郎氏

川崎のマンションで火災、1人死亡2人重体(読売新聞)
美しい花の“じゅうたん” 明石海峡公園(産経新聞)
授業中に居眠り、日本の高校生45%!(読売新聞)
「高齢起業」を市が支援、地域基盤を強化―東京・八王子(医療介護CBニュース)
ドラマ「カバチ」でTBSに抗議=「行政書士が示談交渉」−大阪弁護士会(時事通信)

誤ってアクセル踏み込む? =立体駐車場の車転落事故−大阪(時事通信)

 大阪府八尾市の立体駐車場から乗用車が転落、男性2人が死亡した事故で、車は高さ約1.3メートルの金属製の柵を突き破り転落していたことが8日、府警八尾署への取材で分かった。
 同署は、運転していた男性がアクセルをブレーキと間違え踏み込んだ可能性があるとみて、現場検証をして原因を捜査し、死亡した2人の身元確認を急いでいる。
 同署によると、2人はそれぞれ運転席と助手席に乗っており、全身を強く打っていた。車は高さ12センチの車止めを乗り越え、正面から柵に突っ込み、前部から約8.3メートル下の地面に転落。その後、裏返しにひっくり返った可能性が高いという。 

【関連ニュース】
立体駐車場から車転落=乗車の男性2人死亡
弟助けようと…10歳水死=子供5人、港で釣り中
ラグビー元日本代表、転落死=帰宅途中、JR鎌倉駅
線路脇に転落、男性作業員死亡=電車の架線で感電か
電線撤去中に電柱倒れる=作業員の男性死亡

<名古屋市議会>主要会派、ビラ全戸配布へ「市民の理解を」(毎日新聞)
スーツケース遺体、33歳の韓国女性か(読売新聞)
平沼・与謝野新党に各党は冷ややかな反応(産経新聞)
<救急搬送>7病院で受け入れ拒否、三重県の78歳女性死亡(毎日新聞)
車内ライター、簡単着火の電子式か…4児焼死(読売新聞)

<完熟マンゴー>「太陽のタマゴ」2個で20万円 宮崎市場(毎日新聞)

 宮崎県特産の完熟マンゴー「太陽のタマゴ」の初競りが5日、宮崎市の中央卸売市場であり、2個入り1箱(約1キロ)が20万円(昨年は7万500円)の高値を付けた。一方、昨年20万円だった東京市場は2万円だった。

 「太陽のタマゴ」は糖度15度以上、重さ350グラム以上などの基準をクリアした希少品。東国原英夫知事のトップセールスで一躍、全国区に。

 20万円で落札した新富町の卸売業者「広瀬」の立本昭太さん(27)は「知事頼みでなく、やっぱり地元が力を入れて応援しないとね」と県外のご祝儀相場が落ち着きをみせる中、生産者を後押し。

 出荷のピークは5月下旬〜6月下旬ごろ。昨年より約188トン多い約777トンの生産を見込む。

【関連ニュース】
県:アンテナ店、福岡で24日開店 /宮崎
東国原知事:就任後の経済効果1493億円 「県民の努力の結果」 /宮崎
東国原・宮崎県知事、橋下・大阪府知事を表敬訪問
完熟マンゴー:甘み上々 日南・南郷町で収穫始まる /宮崎
工藤綾乃:東国原知事は「テレビで見るまんま」 宮崎初の国民的美少女が表敬訪問

バス運転手、心臓発作か=児童らけが14人に−大阪府警(時事通信)
<豪華客船>サン・プリンセスを報道陣に公開(毎日新聞)
普天間、きょうにも閣僚協議(時事通信)
広報室内に「コミュニケーション支援室」、7月に設置へ−厚労省(医療介護CBニュース)
久々の卵? トキが産卵の可能性(産経新聞)

中井氏に厳重注意=平野官房長官(時事通信)

 平野博文官房長官は25日午後の記者会見で、中井洽国家公安委員長が知人の女性に衆院議員宿舎のカードキーを渡していたことについて、午前に中井氏に事情を聴取した際、「いろいろな疑いを持たれることだから、私事とはいえ、このようなことはないようにしてほしい」と厳重に注意したことを明らかにした。
 一方で、平野長官は「特に法的に(問題がある)ということはなかった」とも語った。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

ダム工事 「小沢氏に業者逐一確認」高橋元秘書が初証言(毎日新聞)
介護従事者処遇状況調査の結果など報告―介護給付費分科会(医療介護CBニュース)
土地所有者情報紛失 宮城・福島で計48万6000件に(河北新報)
長官銃撃、時効後の「オウム名指し」に批判も(読売新聞)
足利事件無罪、裁判長の謝罪の言葉=全文(読売新聞)

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
リンク
現金化
総量規制
ショッピング枠現金化
探偵事務所 秋田県
クレジットカード現金化
現金化口コミ
クレジットカード現金化
selected entries
archives
recent comment
  • 「マンション更新料は無効」高裁判決3件目 大阪(産経新聞)
    カナ (08/27)
  • 「マンション更新料は無効」高裁判決3件目 大阪(産経新聞)
    サキューン (01/01)
  • 「マンション更新料は無効」高裁判決3件目 大阪(産経新聞)
    ばきゅら (12/07)
  • 「マンション更新料は無効」高裁判決3件目 大阪(産経新聞)
    俊之 (12/03)
  • 「マンション更新料は無効」高裁判決3件目 大阪(産経新聞)
    ポコラーニャ (11/24)
  • 「マンション更新料は無効」高裁判決3件目 大阪(産経新聞)
    しゅうじん (11/21)
  • 「マンション更新料は無効」高裁判決3件目 大阪(産経新聞)
    すぷらっしゅ (11/13)
  • 「マンション更新料は無効」高裁判決3件目 大阪(産経新聞)
    ぱたぱた (11/08)
  • 「マンション更新料は無効」高裁判決3件目 大阪(産経新聞)
    土屋浩平 (11/01)
  • 「マンション更新料は無効」高裁判決3件目 大阪(産経新聞)
    ぽこぺん (10/10)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM