<< カキツバタ しっとりと鮮やかに 愛知・無量寿寺で見ごろ(毎日新聞) | main | 「マンション更新料は無効」高裁判決3件目 大阪(産経新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2010.05.28 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


小さなRNAが関節炎抑制=世界初、マウスで確認−成育医療研究センター(時事通信)

 たんぱく質合成に関与しない小さなリボ核酸(マイクロRNA)の一つが、生物の発生段階での骨格形成と、成長後の関節の老化防止の双方に重要な役割を果たしていることを、国立成育医療研究センターの浅原弘嗣部長らの研究グループが突き止めた。このRNAが多いマウスは関節炎になりにくかった。米科学誌ジーンズ・アンド・デベロップメント電子版に13日発表した。
 老化に伴う疾患に直接関与するマイクロRNAの機能の発見は世界初で、新たな治療法の開発が期待されるという。
 研究グループは、300種類ほどのマイクロRNAのうち、関節に存在する「miR−140」に注目。遺伝子操作でこれを持たないマウスをつくったところ、大きな異常はないものの、手足が短い、鼻が低いなどの特徴があり、マイクロRNAが発生段階で体の形成を微調節しているとの従来の仮説に合致していた。
 さらに、成長した後、早期に関節炎を自然発症することが分かった。この関節炎は、関節の軟骨組織が壊れて痛みや運動障害を起こす人の変形性関節症に発症メカニズムが非常に似ているという。
 逆に、miR−140を普通より多く持つマウスをつくったところ、関節炎になりにくかった。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ミクロの世界
iPS特許、米社にライセンス=海外は初、京大の知財管理会社
殺処分対象、3万頭に迫る=豚でまた口蹄疫疑い
視床下部遺伝子を網羅解析=精神疾患解明に期待
アジアのウイルスと近似=宮崎の口蹄疫

【from Editor】反骨の活力を伝えたい(産経新聞)
<児童買春>周旋容疑で男を逮捕 神待ちサイトで知り合い(毎日新聞)
同じコンビニまた強盗 兵庫・姫路、9日にも(産経新聞)
表面かりっ中ジューシー 続 家庭用グリルの活用術(産経新聞)
13年度底にV字回復目指す―武田薬品(医療介護CBニュース)

スポンサーサイト

  • 2010.05.28 Friday
  • -
  • 14:09
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
リンク
現金化
総量規制
ショッピング枠現金化
探偵事務所 秋田県
クレジットカード現金化
現金化口コミ
クレジットカード現金化
selected entries
archives
recent comment
  • 「マンション更新料は無効」高裁判決3件目 大阪(産経新聞)
    カナ (08/27)
  • 「マンション更新料は無効」高裁判決3件目 大阪(産経新聞)
    サキューン (01/01)
  • 「マンション更新料は無効」高裁判決3件目 大阪(産経新聞)
    ばきゅら (12/07)
  • 「マンション更新料は無効」高裁判決3件目 大阪(産経新聞)
    俊之 (12/03)
  • 「マンション更新料は無効」高裁判決3件目 大阪(産経新聞)
    ポコラーニャ (11/24)
  • 「マンション更新料は無効」高裁判決3件目 大阪(産経新聞)
    しゅうじん (11/21)
  • 「マンション更新料は無効」高裁判決3件目 大阪(産経新聞)
    すぷらっしゅ (11/13)
  • 「マンション更新料は無効」高裁判決3件目 大阪(産経新聞)
    ぱたぱた (11/08)
  • 「マンション更新料は無効」高裁判決3件目 大阪(産経新聞)
    土屋浩平 (11/01)
  • 「マンション更新料は無効」高裁判決3件目 大阪(産経新聞)
    ぽこぺん (10/10)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM